イラン人の80%以上が貧困線以下の生活を送っている:イランの関係者

イラン人の80%以上が貧困線以下の生活を送っている

イラン人の80%以上が貧困線以下の生活を送っている

テヘラン…ニュースタイム

イランの主張の代表団の一人は、政府の非賢明な経済政策のために、80%の人々が貧困線以下の生活を強いられていると主張した。 Al Arabiya.comは、イランのラビ、輸送、アリ・ラビエーを報告した。彼らは国で貧困を遂げています。この機会に、何人かの国会議員が、政府が政府の所有者を助け、労働者を無視すると非難した。国会議員は、国の貧困率が30%上昇した一方、他の加盟国は大声で、国民の80%が政府の関心がないために貧困線以下に住んでいると述べた。イランのハッサン・ルハニ大統領はこの機会には出席しなかった。

イスラエル国会議員モハマド・カセム・オスマニ(Osmani)は、政治目的のために社会保障基金を使用していたと労働大臣に非難した。彼はあなたが労働大臣ではなく労働大臣になったと言いました。 Mohammad Qaseem Osmaniは、卒業生とMAの青少年を渡すことは、非常に小さな賃金に取り組むことを余儀なくされると付け加えた。彼らは合理的な雇用を持っていません。誰かがこの状態に抗議すれば、彼は仕事から解雇される。シャハブ党首ナデリ氏は、政府が貧困津波との戦いに失敗したと語った。政府の閣僚は、経済状況を改善するためだけに働いている。彼らは、経済的な問題や人々の問題を知らない。彼は、国の市民の80%が貧困線以下に住むように強制されていると述べた。彼は、多数の市民が失業しており、月収は何百万ドルも155ドル以下であると述べた。労働党のアブ・アル・ファザル・ハサンザデー委員は、労働省の予算は500億ドルであると述べた。しかし、政府はまた、退職した従業員に支払いをしていない。

Advertisement

No comments.

Leave a Reply